アクアクララの水サーバー

最近、水サーバーが巷で流行っていますね。自宅だけでなく、ジムや飲食店などにも設置しているのをよく見かけます。いろいろなメーカーさんの水サーバーが出回っていて、それぞれに特徴があるのですが、私がオススメした水サーバーはアクアクララのものです。

アクアクララは水サーバーレンタル業の走りで、現在、最も飲まれている水の1つです。熱水も出せるため、沸かして使うだけでなく、すぐに紅茶やコーヒーに仕えることも利点の一つです。
水サーバーの比較ランキング
また、頼んだ本数を大きいボトルで運んできてくれるため、日常的に面倒な重いボトルをスーパーなどで購入する必要もありません。

また、アクアクララは品質管理が徹底されている点でも非常に安心して使用することができます。水の管理だけでなく、ボトルの管理、定期的なサーバーの点検や交換などもしてくれるため不安になることはありません。

値段は、通常のミネラルウォーターを購入するのに比べると若干高くなってしまうことは否めませんが、そこまでかけ離れた値段というわけではありません。

飲料水としてだけでなく、料理などに使っても美味しく使えますので水サーバーの設置を検討している方は是非、一度試してみることをオススメします。


ホームページ制作で必要なのはSEO対策

ホームページ制作したのは良いのですが、それは他人にみてもらう事を目的としたものだと思います。その為にホームページにある程度のSEO対策を施す必要があります。しかし、過剰に行ってしまうと検索エンジンから排除されてしまうので気をつけてください。まず、必要なのは被リンクです。昔は相互リンクなどよく見かけましたが、まさに今それが必要とされています。しかし、色んなサイトに相互リンクをお願いしてしまうと、検索エンジンはそれをスパムと判断します。そのために、同じジャンルのホームページからリンクを貰う必要があります。次に、ホームページ内のコンテンツの最適化です。例えば、ホームページを見に来たものの、内容があまりにも薄ければ見る人は直帰してしまう可能性があります。そこで、そのページを見に来た人に公開されていないような有益な情報を配信することで、ホームページに興味を持ってもらえます。内容の薄いホームページも検索エンジンから排除されてしまうので気をつけてください。最後になりますが、サイトマップを作成する事が必要になります。HTMLではなく、xmlで作成した方が効果的です。最近は作成してくれるサイトもあるので、そこを利用した方が手っ取り早いです。FTPの直下に置くことで、検索エンジンに早くホームページを発見してもらい、検索結果にも反映されます。是非、参考にしてみて下さい。

エクセルクラッシュデータ復旧

通販系の会社に勤務しているのですが、売上の生データを加工してどんな対策がどんな感じに効果があるかというデータを作るのすが、基本的にエクセルでデータ加工をしますので数万のデータを加工して、いろんな関数を投入してデータを作るのですが、これがまたクラッシュします。



クラッシュするだけならまだしも、3ヶ月に1回くらいの割合で上書き保存をしないで、2時間、3時間とデータ加工を続けてしまうこともあって、そういうときに限って、クラッシュしてデータが消えてしまいます。



朝一から取り組んでいたデータ作成が夕方には完全に消えてしまうという悲劇が3ヶ月に1回ほど壊れるので、流石にへこみます。



自分の個人PCでも数式だけいれていろいろとデータ加工するのですが、同じような重いデータファイルを作ってもサクサク動きますので、会社のPCの問題だとは思いますが、困ったもんです。



実際はきっちり上書き保存しながらデータを加工、作成していけばよいだけなんですが、データ消えてしまった直後の1ヶ月くらいの期間は気をつけるのですが、それが2ヶ月となり、3ヶ月となると、すっかり忘れて同じ悲劇を繰り返すわけです。



なんとか成長していきたいところですが、37歳にもなって成長しないものです。
もう数年前の話になりますが、どうしても忘れることのできない思い出があります。

わたしが大学4年生の時、卒業研究でばたばたしていたのですが、ちょうど夏休みが終わったころ、どれだけ探しても、それまで書き溜めていた卒業論文のデータがパソコンからすべて消えてしまったのです。

いつも保存をしていたフォルダが、デスクトップから消えてしまっていて、パソコンに入っているすべてのフォルダを確認しましたが、とうとう見つけることはできませんでした。

当時、家族もわたしのパソコンを使用することがあったので、もしかしたら、家族の中の誰かが誤って消してしまったのかもしれません。今でもデータが消えてしまった原因は謎のままです。

その時は、もしもの時を考えて、USB2本にそれぞれデータのバックアップを取っていたので、少し修正などを加えるだけで事なきを得たのですが、もしも、バックアップを取っていなかった時のことを考えると、今でもぞっとしてしまいます。

それからというもの、パソコン本体、USB2本、それぞれに毎回保存をするようにしまた。友人には、保存しすぎで神経質になっているんじゃないか。と言われましたが、これは体験した者にしかわかりません。

社会人になった今でも、データのバックアップはまめにとるようにしています。

もう二度と、あんなにぞっとする思いはしたくないです。
中規模の飲食店を経営しています。

経費でゴミ回収業者と契約し、毎日、生ゴミを回収してもらっています。

基本的に店の裏口にゴミを出し、契約した回収業者のゴミ収集車が取りに来てくれる仕組みです。

しかしある時から、このゴミを出す部分に不法投棄をする輩が出る様になりました。

ゴミの内容を見てみると、フロッピーやボールペン、シュレッダーにかけたOA用紙等、小規模な事務所から出るゴミの様な印象を受けます。

いずれにせよ燃えるゴミの契約なのに、この様なゴミを出されると困ってしまいます。

おまけに重量契約なので、1gでも増えただけで私の負担は増えてしまいます。



早急にカンバンを設置し、ダミーのビデオカメラで監視している旨も記述しました。

合わせて行ったのが、犯人の特定です。

ゴミの中にフロッピーがあった為、乾かせてからデータ復元ソフトでデータを復元してみました。

いくつかのファイルは読み取れませんでしたが、文書データを読み出す事ができました。

それにしてもこんな事で、保存してあったFDDが役に立つとは思いも寄りませんでした。

何でも取っておくモノです。



どうもワープロで作成されたファイルの様です。

日常の業務の報告書の様で、会社名も記述されています。

道路を挟んだお向かいにある、小さな不動産業者の会社名でした。

さっそく翌日に電話で事情を話し、以後、ゴミを捨てない様に徹底してもらう事にしました。

経営者の方によれば、最近入社した新入社員の方が、公共のゴミ出しと間違えてゴミを出したのだろうと言う事でした。



私にしてみれば、そう言う間違いをしない為に、市の配布しているゴミ袋を使用せずに黒いゴミ袋で統一しているのですが、事を荒立ててもしょうが無いとの判断で、この説明を受け入れました。

以後、不法投棄はピタリと止まり、今に至ります。



困ったときのデータ復旧

私は映像制作を請け負う仕事に関わっているものです。以前データが突然読み込めないHDDに悩まされた同業者のお話を書かせていただきます。



映像のデータというのは非常に大きく、1時間のデータをHDDに記録しようとすると、何百G単位のデータ量になります。ですから撮影時間が多くなればそれだけ多くのHDDを使用してデータを保管するのが常になります。



私たちの仕事はデータが命ですので、HDD保管には大変気を使います。専用のケースに脱静電性の素材でくるみ、冷暗所に保管されています。何年か後にデータの差し替えを依頼されることも多く、簡単に消すこともできません。



HDDは寿命が短いと言われることがあります。内部で常に回転しながら、データを書きこむ製品だけに、振動や衝撃に弱いですし、出荷段階での製品不良もまれにみられます。そういった状況に陥ると不運としか言いようがないのですが、その不運にあたった同業者の方がいらっしゃいました。



同じように映像に関わる方で、HDDに撮影データを保管していたところ、何年か後に読みだそうとアクセスとまったくデータを認識しない。必要なデータがそこにあるのでどうすることもできない、とてもおそろしい状況です。



その時の心境を察するに、とても生きた心地がしなかったことと思います。



アクセスできないHDDを前にその方は、HDD復旧業者へ依頼されたそうです。藁にもすがる気持ちだったと思いますが、初めての復旧業者を利用したということで、半信半疑だったそうです。



結果はというと、数日後に連絡が着て、確認したところデータは無事読み取りができたそうです。どうやらヘッド(HDD内の磁気ディスクに書きこむ部品)が故障していて読み取りができなかったとのことです。



仕事も滞り無く終えとても嬉しかったようで、その話をされたときは、とても満足気に私へ、もしもの時は復旧を依頼するようにとすすめて頂きました。



直るものなのですね、私もとても驚きました。

どうやら物理的に内部で故障がなければデータは読み込むことができるということを後からうかがいました。



話をうかがうまでは、復旧業者など知りませんでしたが、あきらめずに専門の方へ依頼することで元に戻すことができることもあるようです。そういった事例もあるようですので、もしもの場合は諦める前に一度データ復旧を試してみることをおすすめします。

データ復旧料金の内訳

高額になりがちなデータ復旧料金の内訳

皆さん、データ復旧会社を利用した事はありますか?
実は、データ復旧の料金は大変高額になりがちです。
昔はさらにデータ復旧会社自体が希少だった為に100万、200万など取られてしまった。
という書き込みや記事などもインターネットにはあるかもしれません。

今ではデータ復旧の為の機械や設備が整って来たために100万や200万という事は
よほど特殊な機械を使っていなければありまえません。
通常の経理のパソコンであったり、一般事務程度であればどんなに高くても20万〜30万程度ではないのでしょうか。
もちろん個人で出せるお金ではありませんので法人対応に限定されますが。

さて、その料金の内訳はどうなっているのでしょうか。
実はそのほとんどの金額が技術料金です。
HDDを分解したり、状況による切り分けの判断を行ったり。
データを解析して、穴データを埋めて見えるように直したりという技術者が絡んでくる料金なんですね。

それでも高いのでは?と思われる方はいらっしゃいますか?
それはデータ自体の価値によって変わって来てしまいます。

以下はあくまで例ですが、

①資産価値が1億円程度のデータが消えてしまったので、100万円かかってしまったが復旧出来た。

②事務のパソコンが壊れてしまいデータを復旧したいが、30万円かかる。

①と②を比べると、①ではデータ自体の価値が高いために100万円で復旧できた事が安易に感じますね。
データの価値という物は高い物もあれば、低いものもあります。
データ復旧会社では、技術や処理の時間などから一定の料金を割り出してデータの復旧を行っているため高いと感じてしまう事もありますね。

もちろん例外もあり、データの復旧が困難で無い場合。
比較的安く金額が済む場合がほとんどだそうです。
とあるデータ復旧会社の知人に聞いたところ、約全体の8割の機械はこれにあたるそうです。
会社によってバラツキがあるそうですが、3万円〜20万円程度。

また、データ復旧会社を比べるにも料金体系を比べるのが難しいですね。
会社によつて料金体系もバラバラでいったいいくらかかるのか?不安ではありませんか?
まずは数社ほど電話でお話を聞いてみる事をオススメします。
ほとんどの会社が、概算を数パターン教えてくれるでしょう。

またホームページの料金表ではわからない事が、担当者から聞けるかもしれません。
是非オススメです。

こんにちは!
今回は データ復旧の事例などについてお話していきたいと思います。
電源が入らなくなってしまったパソコンからのデータ復旧ですが、まずパソコンを分解するところから始まります。
電源が入らなくなっているパソコンは、内部基盤のショートやコンデンサーなどの部品の破損などによって起きていることが多いので、こういった箇所を確認します。
ショートによって通電しなくなってしまったパソコンは電流がハードディスクにまで及んでいることがあります。
ハードディスクにまでショートが見受けられるようだとデータ復旧の難易度は大きく上がってしまいます。
ハードディスクの裏の基盤がショートしていたり焦げていたりすると通電すらしない場合があります。
こうなってしまうと、まずハードディスクを通電させられるかどうかが重要になってきます。
逆にハードディスクの破損がないようであれば無事な可能性があるので、データが取り出せる確率は高くなります。
実際にハードディスクをデータ復旧専用の機器に接続して、中のデータを確認して取り出すといった作業になります!
あまり細かいところまでは言えませんが、このハードディスクの状態がキモになってくるわけです!
今回依頼されたパソコンは内部基盤がショートしているような形でしたが、ハードディスクへのダメージは思ったより少なく無事にデータを復旧することができました!
通電しなくなったパソコンの電源ボタンを繰り返し押したりすると場合によっては、中のハードディスクにもダメージを与えることもあるので注意が必要です。
ハードディスクにダメージがある状態だと、電源を入れると「カコン、カコン」と異音がしたり振動が大きかったりします。
こういった異音がする場合だと、内部の部品が壊れている可能性が高い状態になります。
物理的に破損しているとデータ復旧専用の機器と技術が必要になります。
また、振動が大きかったり異音がする状態のまま、どうにかならないかと通電させていると状態の悪化を招いてしまいますので気をつけなくてはなりません。
機器が明らかに破損しているようであればお持ちいただければと思います!
雷が多いこの時期では特に注意が必要なので、あらかじめ電源を切ってコンセントを抜いておくなど、ショートの可能性を下げることが大切です!
また、忘れてしまいがちなLANケーブルも合わせて外しておきましょう!
windowsだけではなくMacのデータ復旧も行なっておりますのでお困りの方いらっしゃいましたらお気軽にご相談下さい!

ある日突然パソコンが起動できなくなってしまうということは、科学技術が発達した現代でも起こり得ることでありますし、実際に私も過去に経験したことがあります。

最近では情報のほとんどがデジタル化されてハードディスクに保存されるようになってきておりますので、こういう事態が発生してしまうと、重要なデータにもアクセスできなくなってしまいますのでパニックになってしまうこともあるようです。

こうした場合は、やはり落ち着いて行動することが大切なポイントになってきますし、すぐにデータ復旧の専門業者さんに相談することが早期解決の重要な点になってくると思います。

このような状況では、専門的な知識が無い状態でいろいろ操作しているうちに、誤ってハードディスクをフォーマットしてしまったり、さらに状況を悪化させてしまうということも十分にありますので、出来るだけ故障時の状態のままで業者さんに依頼する方法がベストであると思います。

パソコンは私たちの身近な存在になってきたと言っても、内部で動いているシステムは非常に複雑で、高度な技術が活用されているものであります。そのために、トラブルや技術的な問題が発生した際には、知識と経験が非常に必要性を増してくるものだと思います。

現代では日本国内においても世界最高水準のスキルを持った企業や業者さんが多数登場してきておりますので、万が一のトラブルに遭遇された際には、そうした企業のサービスを積極的に活用されていくことをお勧めいたします。
最近の若い方は、「フロッピーディスクって何?」状態かもしれませんが、以前はPCにとって主要かつ唯一の外部記憶媒体がフロッピーディスクでした。現在は、市販のPCにはフロッピーディスクを読み書きするドライブは付いていないのが普通になっていますが、一部の方はまだフロッピーディスクを使っていたり、あるいは今のPCで使えるように、データをコピーしたいとお考えだと思います。また、古いワープロ専用機(これも若い方は何のことだか解らないでしょうが)を使いたい場合では、フロッピーディスクが必需品です。

たまにですが、そのフロッピーディスクに飲み物などをこぼしてしまって、使えなくなってしまうことがあります。特に、ただの水ではなく、コーヒーやジュースなどの場合は、最悪です。データ復旧をしようとして、水気を切ってドライヤーなどで乾かすなどしてしまうと、さらに状況はひどくなってしまいます。それは、フロッピーディスクのケースの中に、回転をスムーズにするための布が入っているのですが、それが濡れたままだったり、乾いてごわごわになってしまうと、フロッピーディスクが回転しなくなる、あるいは表面を傷つけてしまったりするからです。

この場合は、次の手順でデータ復旧ができることがあります。

1.濡れてしまったフロッピーディスクのケースから、中のディスクを取り出す。

2.別のフロッピーディスクのケースに、取り出したディスクを入れる

これは、特殊な工具が無くても、比較的簡単に行う事ができます。

【データ復旧】私の体験談リンク2

Powered by Movable Type 5.14-ja